現役社長の老齢厚生年金受給・役員報酬最適化なら滋賀県大津市の労務財務の専門家・FP奥野文夫事務所にお任せください!

中小企業社長さまの老齢厚生年金・社会保険等に関するお悩みを解決します。


FP奥野文夫事務所

〒520-0106 滋賀県大津市唐崎3-23-23

営業時間

月〜金 9:00〜18:00
(定休日:土日祝日)

FAX

077-578-8907

経営者向け無料相談(全国対応)

経営者向け無料相談はこちらからお試しください  

無料相談をお気軽にお試し下さい

社長さまの老齢年金受給等に関するお悩み解決のため、無料相談を1回お試しいただけます。
(毎月先着100社様限定)

 

下記は、「年金復活プラン」「役員報酬最適化」等に関するコンサルティング申込みを検討されている代表取締役様等法人の代表者の方が、奥野へ無料でご相談できるフォームとなっています。もちろん、スタッフによる代筆ではなく、すべてのご相談に奥野が目を通しメールにてご回答いたします。通常2営業日以内にお返事申し上げます。


ご相談されたい場合は、下記のご入力フォームに必要事項をご入力の上、「問合せる」ボタンを押して下さい。


この無料相談は、中小企業経営者様のお困りごと解決のお役に立てればとの思いで実施しているものです。

現在大変多くのご相談をいただいております。
顧問先やコンサルティングお申込み企業様への対応を日々行う中、無料相談に回答できる数は平日1日平均3~4件程度が時間的な限界となります。
これ以上お受けするのが無理だと判断した場合は、無料メール相談の受付を停止させていただきます。お急ぎの方はお早めにご相談ください。

◎3営業日を過ぎても回答メールが届かない場合は、回答メールが迷惑メールフォルダに振り分けられていないかご確認の上、再度お問合せ下さい。
yahooメール、G-mail等のフリーメールや携帯メールは回答が届かないことがあるようです。)

◎社会保険に加入しなくてはならない状況にありながら社会保険に加入したくない、という相談へは回答いたしません。そのようなご相談はご遠慮ください。

こちらからお電話を掛けるようなことはいたしません。

しつこい営業は行いません。

いただいたご相談につきましては守秘義務を遵守いたしますので、ご安心ください。

 

例:山田商事株式会社

例:代表取締役

例:山田太郎

例:xxxxx@xyz.jp
半角でお願いします。

例:xxxxx@xyz.jp
半角でお願いします。

例:3月

例:滋賀県大津市唐崎3-23-23

※2500文字以内でお願いします

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、下記のメールアドレス宛
メールにてご相談ください。
E-mail:o.srj*peach.ocn.ne.jp (*を@に変更してご送信下さい)
 

よくある相談(ご相談お待ちしております)

61歳男性・現役社長

私の場合も現在の年収を維持したまま年金が受け取れるのでしょうか

61歳男性の代表取締役です。月額役員報酬100万円、役員賞与・他の法人から受けている報酬はありません。現在の年収を下げないと老齢厚生年金は受け取れないと聞きました。

私の場合も現在の年収を維持したまま年金が受け取れますでしょうか。なお、会社の決算月は3月、会社所在地は大津市です。

65歳男性・現役社長

老齢厚生年金が支給停止になっています。もらえるようになりますか

65歳男性の代表取締役です。月額役員報酬60万円、役員賞与・他の法人から受けている報酬はありません。

老齢基礎年金はもらっていますが、老齢厚生年金が支給停止になっています。もらえるようになりますか。なお、会社の決算月は9月、会社所在地は京都市です。

70歳男性・現役社長

報酬を得ながら、老齢厚生年金をもらえるようになりますか

70歳男性の代表取締役です。月額役員報酬60万円、役員賞与・他の法人から受けている報酬はありません。

70歳になると厚生年金保険料はかからなくなるので、老齢厚生年金ももらえるようになると思っていましたが、社長のまま現在の報酬を得ていると何歳になっても老齢厚生年金がもらえないと言われ驚いています。

生涯現役で働きたいと思っています。老齢厚生年金をもらえるようになりますか。なお、会社の決算月は12月、会社所在地は大阪市です。

  • 電話で相談することはできますか?
  • 訪問による説明・アドバイスをしてもらうことはできますか?
  • 非同族役員への説明の仕方を教えてもらうことはできますか?
  • サービスの内容について顧問税理士に説明してもらえますか?
  • いままで聞いたことがない話ですが・・・
  • 老齢厚生年金をもらうには役員報酬を下げるしかないと言われましたが・・
  • 顧問社労士がいますが、サービスを利用できますか?
  • 遠方ですがサービスを依頼できますか?

 

「具体的なご相談内容はこちらへどうぞ」の欄に、下記の情報も記載いただきますと、回答メールにて、概算診断結果もご提示できます。
無料相談のご利用はお一人様1回限りとなります。
お悩み解決のお役に立つ回答を得ていただけますように、なるべく
下記の情報をご記入の上ご相談いただくことをおすすめいたします。
(こちらからの回答に対して再度相談メールをいただいても無料対応いたしかねますので、ご注意下さい。)


・生年月日(または年齢)
・性別
・現在の役員報酬月額
・過去1年間に役員賞与や事前確定届出給与を受けておられる場合は、支給月・支給額
・貴社決算月
・貴社所在地(都道府県)

・(60歳以上の方の場合、もしわかれば)以下の年金額
60歳代前半の方:特別支給の老齢厚生年金の年金額。厚生年金基金加入期間がある場合は、「特別支給の老齢厚生年金+基金代行額」の年金額
65歳以上の方:老齢厚生年金(報酬比例部分)の年金額。厚生年金基金加入期間がある場合は、「老齢厚生年金(報酬比例部分)+基金代行額」の年金額
・(他の法人からも報酬を受けておられる場合のみ)
他の法人における役職名、報酬月額、過去1年間に賞与や事前確定届出給与を受けておられる場合は、支給月・支給額、他の法人の決算月

上記内容の記載もれが多いほど、回答内容が曖昧なものとなってしまいますので、ご了承下さい。

「具体的なご相談内容はこちらへどうぞ」の欄が空欄の場合や、法人の代表取締役等であることが確認できない場合は、ご返信いたしかねます。

 

ご注意

  1. ご相談への回答をご送信させていただいた後、FP奥野文夫事務所奥野文夫のメールマガジンに登録させていただきますので、ご了承ください。

    メルマガ配信を希望されない場合は、「具体的なご相談内容はこちらへどうぞ」の欄に「メルマガ不要」とご記入下さい。
  2. メルマガでは、役員報酬最適化・老齢厚生年金支給停止解除に関する最新情報や会社の経営・雇用管理改善に役立つ情報を随時お届けいたします。

    メルマガ配信後も、いつでもすぐに配信解除いただけますのでご安心下さい。

  3. 事業主団体様等からの講師依頼、執筆依頼はこちら。
  4. 従業員の方、報酬額の決定権限のない役員様、個人事業主様、無職の方、社労士試験受験生や自己啓発目的の方等からの無料相談にはお返事できません。
    代表取締役等として登記されていない方からのご相談にもお返事できません。
    2回目以降のご相談に対しても、特にこちらが必要と判断した場合以外、お返事いたしません。
    (有料メール相談をご用命の場合は、1回22,000円(税込)~となります。)
  5. 社労士、税理士、コンサルタント、FP等同業者からの無料相談にはお返事できません。(有料メール相談をご用命の場合は、1回22,000円(税込)~となります。)
  6. ご相談と関係の無い内容(勧誘、営業、主張、見解等)を記載いただきましても、お返事できません。
  7. 報酬月額を偽ることにより不正に社会保険料負担を免れたり、年金を不正受給されている方へのお手伝い・アドバイスはできません。
    社会保険に加入すべきであるのに加入したくない等の相談には返答できません。
    その他、回答できない相談はこちら。
  8. 経営者向け有料相談(電話・Zoom)はこちら

ご入力フォームへのメールアドレス入力誤りが大変多く
発生しています。ご注意ください!

下記のご入力フォームより無料相談をご利用いただいた方に対しご指定のメールアドレス宛回答を返信致しても、回答メールが届かずに戻ってくるケースが多くなっております。

「問合せる」ボタンを押していただいた際には自動返信メールが届くように設定しております。

自動返信メールがお手元に届いていない場合は、回答メールをお届けすることができません。メールアドレスをご確認いただき、お手数ですが再度ご入力・ご送信下さい。
(自動返信メールが迷惑メールフィルダに入っていることがございます。念のため、迷惑メールフォルダもご確認下さい。)

3営業日を過ぎても回答メールが届かない場合も、お手数ですが再度ご入力・ご送信下さい。
(こちらから送信しました回答メールが、迷惑メールフォルダに入っていることがございます。念のため、迷惑メールフォルダもご確認下さい。)

 

yahooメール、G-mail等のフリーメールや携帯メールは届かないことが多いようです。
普段お使いのパソコンのメールアドレスをご入力下さい。

FAXによるお問合せはこちら

FAXによりご相談されたい方は、下記の「経営者向け無料相談FAX用紙」をクリック・印刷いただき、必要事項をご記入の上、次のFAX番号宛ご送信下さい。

FAX 077-578-8907 FP奥野文夫事務所 奥野文夫 宛

お電話でのお申込みはこちら

経営者様からのお電話でのお申込みはこちら

お電話でのお申込みはこちら

077-578-8896

営業時間:9:00〜18:00 (定休日:土日祝日)
担当:奥野 文夫 (おくの ふみお)

現在大変多くのお申込みをいただいており、無料電話相談は行っておりません。
(奥野の留守中にお電話いただき、お電話番号を伝言いただきましても、こちらから折り返しお電話をすることはできません。)

電話で相談されたい代表取締役様は、有料電話相談のご予約をお願いします。

所長の奥野です。

F-okuno01.jpg

社長さまのお悩みを、
年金・社会保険相談の専門家(FP・社労士)として開業20年超の私が、最後まで責任を持って解決いたします。

社長の年金本 第3弾

[社長の裏技]年金をもらって会社にお金を残す

「「社長の裏技」年金をもらって会社にお金を残す」(奥野文夫著 ぱる出版 2019年5月新刊)
9割の社長が知らないトクする在職老齢年金のもらい方
honto年金ランキング1位獲得!セブンネットショッピング経営管理1位獲得!

社長の年金本 第2弾

社長、あなたの年金、大損してますよ!

「社長の年金ゼロ問題」への現実的な対応策をわかりやすく解説した書籍「社長、あなたの年金、大損してますよ!」(奥野文夫著 WAVE出版 2018年9月新刊)
好評につき、重版決定!

Amazon売れ筋ランキング 1位獲得!(「年金・保険」)
楽天ブックスランキング1位獲得!(「高齢化・社会保障」)YAHOOJAPANショッピング本「経営管理その他」部門第1位獲得!
八重洲ブックセンター本店週間ベストセラー(総合・ビジネス書)第2位(集計期間2019年4月7日~4月13日)

社長のための年金本
著者が回答します。

現役社長・役員の年金


Amazon売れ筋ランキング 2ジャンルで1位獲得!(「社会保障」「福祉」)

経営者向けに特化した初の年金解説書「現役社長・役員の年金」(奥野文夫著 経営書院刊)

好評につき、重版出来!

60歳からの働き方と
年金 解説本

60歳からの働き方で、もらえる年金がこんなに変わる

「60歳からの働き方で、もらえる年金がこんなに変わる」(奥野文夫著 WAVE出版刊)
好評につき、重版出来!

京都新聞
(2017年7月16日)
で紹介されました。

納税通信
(2017年8月14日号)
で紹介されました。

FPジャーナル
(2017年10月号)
で紹介されました。

中小企業福祉事業団 会報(17年10月号)で紹介されました。

保険毎日新聞
(2018年1月18日号)
で紹介されました。

週間朝日
から取材を受けました。
(2018年7月13日号掲載)

保険毎日新聞
(2018年10月1日号)
で紹介されました。

FPジャーナル
(2018年12月号)
で紹介されました。

中小企業福祉事業団 会報(18年12月号)で紹介されました。

保険毎日新聞
(2019年3月6日号)
で紹介されました。

月刊社労士
(2019年4月号)
で紹介されました。

保険毎日新聞
(2019年5月22日)で紹介されました。

中小企業福祉事業団 会報(19年6月号)で紹介されました。

週間現代
から取材を受けました。
(2019年7月6日号掲載)

週間現代
から取材を受けました。(2019年7月13日20日合併号掲載)

中小企業福祉事業団 会報(19年8月号)で紹介されました。