現役社長の老齢厚生年金受給・役員報酬最適化なら滋賀県大津市の労務財務の専門家・FP奥野文夫事務所にお任せください!

中小企業社長さまの老齢厚生年金・社会保険等に関するお悩みを解決します。


FP奥野文夫事務所

〒520-0106 滋賀県大津市唐崎3-23-23

営業時間

月〜金 9:00〜18:00
(定休日:土日祝日)

FAX

077-578-8907

無料電話相談は行っておりません。

「社長の年金セミナー」講師依頼・執筆依頼

「社長の年金セミナー」講師依頼・執筆依頼
 お申込みフォーム

「社長の年金セミナー」等セミナー(勉強会)講師のご依頼や、書籍執筆、新聞・雑誌等への執筆依頼は、下記のお申込みフォームよりお願いいたします。

例:○○協同組合、○○商工会議所

例:代表理事、理事等

例:山田太郎

例:大津市唐崎3-23-23

例:077-578-8896
半角でお願いします。

例:077-578-8907
半角でお願いします。

例:xxxxx@xyz.jp
半角でお願いします。

例:xxxxx@xyz.jp
半角でお願いします。

例:2017年9月11日(月)13時~15時、2017年10月頃等

※2500文字以内でお願いします

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールまたはFAXにてお申込ください。
E-mail:o.srj*peach.ocn.ne.jp (*を@に変更してご送信下さい)
FAX:077-578-8907

中小企業オーナー社長向けの老齢厚生年金に関する
研修会企画のご案内

奥野社会保険労務士事務所・FP奥野文夫事務所 所長の奥野文夫と申します。

私どもでは、「社長の年金コンサルタント」として、中小企業経営者の老齢年金に関するよくある誤解への注意喚起、よくある質問への回答等お役立ち情報をご提供しております。

 

このたび、事業主団体様向けに、社長の年金手続きから年金受給までに関する研修会の企画を立案いたしましたので、ご案内させていただく次第です。

 

中小企業経営者の皆様に極めて多い、報酬との調整により老齢厚生年金が支給停止となる「在職老齢年金制度」に関する誤解、支給繰下げ制度に関する誤解等をなくすために、中小・零細事業者の方々に少しでも早く知っておいていただきたい以下のような事項がテーマとなっています。
 

・「ねんきん定期便」は社長の年金受給の参考にはならない!

・年金請求書が手元に届いてからでは、社長の年金請求準備は遅すぎる! 等

 

経営者向けの年金解説本
「よくある勘違いから学ぶ在職老齢年金」(奥野文夫著・日本法令)

「社長、あなたの年金、大損してますよ!」(奥野文夫著・WAVE出版)
[社長の裏技]年金をもらって会社にお金を残す」(奥野文夫著・ぱる出版)
「現役社長・役員の年金」(奥野文夫著 産労総合研究所出版部 経営書院刊)
に記載の内容・テーマを発展させ、事例解説を多く盛り込んだ研修会です。

 

日本年金機構の社会保険未加入企業対策や、被用者年金一元化、老齢年金受給資格期間の10年への短縮等社長の年金を取り巻く最近の状況を踏まえ、最新情報・事例を加味した内容に仕上げております。

 
ご希望がございましたら、お気軽にご用命下さいますようお願い申し上げます。

もちろん実施日程や時間帯等は柔軟に対応いたします。

研修会を実施される際の企画の一つとして、是非ご検討下さいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

奥野社会保険労務士事務所・FP奥野文夫事務所 所長 奥野文夫

520-0106 滋賀県大津市唐崎3-23-23TEL 077-578-8896 FAX 077-578-8907

URLhttp://www.syakaihoken.jp/

社会保険労務士、税理士、FPさん向けの社長の年金セミナー・研修会講師も承ります。

社会保険労務士、税理士、FPさん向けの社長の年金セミナー・研修会も承ります。


例えば、次のような内容で講演を行っております。
演題、時間等はご相談に応じます。
このページ上部のお申込みフォームより、お申込みください。



内容:「社長の年金相談実務と諸問題」

概要:中小企業経営者の年金相談においてよくある質問・相談、よくみられる誤解・失敗事例等について、事例を用いながら解説します。
併せて、会社財務・役員退職慰労金金規程・事業承継等、経営者の老齢年金受給と関連する内容にも触れます。

主な題材は社長の老齢年金となりますが、相談者の視点に立った年金相談を行うために必要な
考え方・知識・情報をお伝えいたします。


■なぜ今、社長の年金なのか?

■社長の年金相談 基本的な考え方とは?

■社長の年金問題とは?

■役員報酬の変更時期

■社長が年金をもらう方法の整理

■社長の在職老齢年金相談実務

■社長の年金と退職金

■社長のライフプラン・事業承継と年金

■相談事例

■社長の年金相談を行う意義

 

(主な開催実績)
2018年11月28日(水)14時~16時30分
■場所:姫路商工会議所
■対象者:社会保険労務士
■主催:兵庫県社会保険労務士会姫路支部様

研修会内容・企画書

■セミナータイトル

年金について 大きな勘違いをしないために、これだけは知っておきたい「社長・役員の年金」

 

■講師

奥野 文夫 (おくの ふみお)

・社長の年金コンサルタント・役員報酬最適化コンサルタント
・特定社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー
・奥野社会保険労務士事務所・FP奥野文夫事務所 所長
・一般社団法人社長の年金コンサルタント協会 代表理事
・労働保険事務組合 京都中小企業互助協会 理事長

経営者支援30年の実務経験を活かし、経営者専門の年金コンサルティングやセミナーを行っています。(全国45都道府県の2,000社超をコンサルティング)

社長・役員の老齢年金受給等について、ホームページ、ブログ、YouTube動画、メールマガジン等で日本一大量に情報発信を行なっています。ホームページの訪問数は月間10万超、YouTube動画投稿数は5,100超。現在、メール相談を中心に毎月100人以上の経営者の老齢年金相談に応じています。

毎月100件以上の相談対応を行う中、60歳で定年退職する従業員向けの年金情報を見て年金がもらえなくなっている経営者が多いことに驚き、「もっと早くに知っていたら。」と後悔する経営者を一人でも減らすため、情報提供を行っています。「会社の収益の向上に役立っています。」等喜びの声を多数いただいています。
 

20175月には、一般社団法人社長の年金コンサルタント協会を設立し代表理事に就任。全国の理念を同じくする社労士・FPとともに、中小企業社長への正しい年金に関する情報提供・啓蒙活動を実施。社長の年金アドバイザー認定講座・社長の年金コンサルタント認定講座を開催。
 

著書:「現役社長・役員の年金」(産労総合研究所 出版部 経営書院より20176刊行。2018年1月に重版出来


「社長、あなたの年金、大損してますよ!」(WAVE出版より2018年9月刊行)
2019年7月に重版出来。

「60歳からの働き方で、もらえる年金がこんなに変わる」(WAVE出版より2019年2月27日刊行)
2019年4月に重版出来。


「[社長の裏技]年金をもらって会社にお金を残す」(ぱる出版より2019年5月7日刊行)

 

最近の新聞連載執筆:「納税通信」にて「社長さん必見!年金減額制度への対応術(全10回)」連載執筆(2017911月)。20184月から「保険毎日新聞」にて社長の年金について連載執筆中。


■想定する対象者


中小企業、小規模企業のオーナー社長
62歳(女性は60歳)となり、特別支給の老齢厚生年金がもらえる年齢になったものの、年金請求手続きや老齢年金のしくみについて知識・相談相手がなく困っている経営者
・日本年金機構から年金請求書が届いたが、どうしてよいかわからず放置している経営者
60歳台前半の年金と65歳以降の年金とを混同して勘違いしている経営者
・報酬が高いため支給停止の年金は後からさかのぼってもらえる、増額してもらえると勘違いしている経営者
・現役経営者として働きながら老齢年金を受けたいものの、どうしてよいかわからない経営者
・後継者がいない等で事業承継が進まず、70歳以降も現役で働く予定の経営者
・先代社長(現取締役会長)の最適な年金受給について知りたい二代目経営者
60歳前から、社長の厚生年金加入・厚生年金受給の基礎知識を身に着けたい経営者
・年金について社長・役員に説明する人事・総務担当者さん
・税理士、社会保険労務士、FP等中小企業を顧客に持つ士業の先生方
・事業主団体や銀行・保険会社等の職員さん 等

 

■コンセプト/メッセージ
「年金に関する情報不足で大きな勘違いをして、損をしたりトラブルに巻き込まれたりする社長を、一人でも減らす!」

 
「国の年金なのに、なぜこれほど勘違いされているのか!」

毎日社長の年金相談に応じていて感じる率直な感想です。
社長・役員は65歳以降も現役として活躍している方が多く、年金に対する誤解や勘違いにより損をしたりトラブルになるケースも多いです。

社長・役員の老齢年金に関する誤解は本人・家族のライフプランだけではなく、会社の経営計画や事業承継計画等にも影響を与えかねません。一人でも多くの社長さんに正確な事実を伝えるために、研修会を企画いたしました。


経営者層からよくある質問への回答・よくある誤解への注意喚起を中心に、社長・役員の年金請求手続きから受給までを解説いたします。

団塊世代の社長交代・事業承継が進まず社長の高齢化が顕著となる中、一人でも多くの経営者に社長の年金に関する正確な情報を伝えることで、年金に関する大きな勘違いによって損をする事例を減らしたいと願っています。

 
年金の専門家である全国の社会保険労務士、FP向けに同様の研修会を複数回実施したところ、「大変気づきの多い素晴らしい内容だった。」「具体的事例が多くわかりやすい。」「社会保険未加入や年金に関する届出漏れ・請求漏れ等、市販の年金書籍だけではわからない情報が多く、非常に価値が高いと感じた。」等の意見をいただいております。

 

 ■内容(概略のみ記載しています。詳しいセミナー内容がお知りになりたい場合は、このページの最上部に設置しております「お問合せフォーム」よりお問合せ下さい。)

はじめに なぜ今、社長の年金なのか?

1.社長の年金の特異性と、誰もそれを教えてくれない現状

・社長の年金は特別である!
・ご相談を受けた“社長の声”
・国の制度なのに正しい情報が伝わっていない理由とは


2.年金受給・年金加入に関するよくある勘違い (世代別に重要事例をピックアップ)

60歳台前半の社長 よくある勘違い】

60歳台後半の社長 よくある勘違い】

70歳以上の社長 よくある勘違い】

 

3.年金不正受給に注意する

 

4.自分の年金について正確に知る方法
 

 

■セミナー講師実績

平成11年度~平成13年度 郵政 暮らしの相談センター 年金ミニ講座 講師

平成11年度~平成14年度 早稲田セミナー社会保険労務士受験対策講座、開業講座 講師

平成13年度 厚生労働省 雇用保険コンサルティング事業 経営者助成金セミナー 講師

平成14年度 滋賀県 労政能力開発課 労働教育講座 講師

平成15年度~平成18年度 (財)介護労働安定センター 雇用管理者講習 講師

平成24年度 滋賀県労働保険事務組合連合会 労働保険事業主説明会 講師

平成25年度~平成29年度 中小企業経営者向け年金・社会保険セミナー講師、中小企業向け・士業向けネット集客セミナー講師(全京都建設協同組合、一般社団法人中小企業経営支援者協会、一般社団法人社長の年金コンサルタント協会、労働保険事務組合京都中小企業互助協会等 等)

その他、事業主団体や民間保険会社・銀行等主催の事業主向けセミナー講師経験多数あります。

全京都建設協同組合、第一生命保険(株)、東京海上日動火災保険(株)、(株)京都銀行、一般社団法人中小企業経営支援者協会、一般社団法人社長の年金コンサルタント協会、労働保険事務組合京都中小企業互助協会、兵庫県社会保険労務士会姫路支部
 

現在、60才以上現役社長の老齢厚生年金受給、社長・役員の老齢年金に関するよくある誤解への注意喚起、社会保険未加入問題対策等をテーマに、セミナー・研修会講師(1時間半~2時間程度)を積極的に行っております。 是非お気軽にご用命ください。

  

■講師料


132,000円(税込)~(参加者人数、時間、予算規定等により応相談可)

遠方の場合は、別途、旅費交通費・宿泊費実費および日当(110,000円)
 

■ご連絡先

奥野社会保険労務士事務所・FP奥野文夫事務所
所在地:〒520-0106 滋賀県大津市唐崎3丁目23-23
所長:奥野文夫

設立:平成117月    
電話:077-578-8896 FAX077-578-8907


事業主団体のセミナー企画ご担当者様等からの、「社長の年金セミナー」等講師のご依頼や、専門誌・雑誌への執筆依頼は、このページ最上部のお申込みフォームよりお願いいたします。

 

「社長の年金」受講生の声(FPさんのご感想)

●社長の年金相談数日本一の社労士先生から生の実例を聞けて有意義でした。年金の知識と現場で使えるトークも同時にお伝え頂いて、明日からの営業活動に実践できるセミナーでした。
●経営者から質問をよくいただくので、とてもよかった内容でした。これなら私も出来るかもしれないと思いました。
●とても内容の濃い、充実したセミナーでした。
●年金について分かりやすかったです。
●年金支給が減額又は停止される事は知っていたが、具体的な計算方法が分からず困っていた。今回の研修を受けたことにより、理解することができた。
●今まで、疑問に思っていた事がクリアーになり、年金の話しに関しての自信を持つ事ができた。質問等も的確にお答え頂き、非常に良かった。
●現状をビジュアルで見せることができるので、ソフトの活用は大変ありがたいと思っています。
●年金がもらえる時に、年金事務所から、どの様な書類が届いて、且つ、それに対して、どの様に対応すれば良いのか・・・について理解できました。
●2日間、ありがとうございました。「社長の年金は特別」なんだという事が、良く理解できました。
●社会保険の仕組みを再度勉強することができました。経営者へのアプローチとして大変活用できると思います。
●勉強となる2日間でした。
●年金の基本的な仕組みが良く理解できました。
●内容が濃いのであっという間の2日間で時間がたらなかったと思います。これからの営業活動、また、定年後の自分の活動に生かしたいと思います。

「社長の年金」受講生の声(社労士さんのご感想)


●「社長の年金」に的を絞るという視点が非常に面白いと思いました。
皆さんほとんど無知・勘違いだと思います。ぜひ啓蒙に力を入れていきたいと思います。
●わからないことも出てくると思いますので、情報交換の場を(チャットワーク)持っていただければありがたいです。
●具体的な手法や注意ポイントなどをていねいに教えて頂けて大変勉強になり、来て良かったなと思っています。
●社長の年金が特別であるということがよく分かりました。正しい知識を広めていくのは社労士の社会的使命であると思いますし、ビジネス観点からもとても将来性のある物だと思いますので、早速地元で取り組んでいきたいと思います。本当にありがとうございました。
●年金の話は最近詳しい人が増えているように感じていたが、(セミナーアンケート等で)、まだまだ自分自身でも勘違いしていることもあり、このテーマは広めていく必要があると認識しました。
●Q&A等すぐにでも使える内容だと思うので、ためになりました。ありがとうございました。
●Q&Aのワークショップで社長が疑問に思う原因や背景が理解できた。他にない内容(コンテンツ)だと思います。
●再受講してよかったです。
●前回受講した際に教えていただいた社長の年金は特別だという部分について再度確認できました。
●再受講でしたが、よくある質問に対する回答ロープレが新たにあり、実際に経営者に説明するのに大変役に立ちそうです。
 

●具体事例がとても多く、また社長への報告のしかた、見せ方も非常に実践的でした。すぐにでも
役立つ内容で月曜日から活かしたいと思います。

●今年の春から取り組んでいる相続・事業承継に結びつけたいと思います!
●社長の視点で考えることができ大変勉強になりました。
●年金制度はむずかしく悩んでいる社長がおおぜいいらっしゃるので大変ためになりました。
来週さっそく活用させて頂きます。
年金事務所からの見込額を図解で説明できるのは非常に役立つと思います。説明した後、社長とどう話が展開するのか楽しみです。
●ソフト利用による役員への図解による説明に使用します。役員へも非常に分かりやすいと思います。
●照会表の見方、社長の年金に関する誤解を事例を通じて私自身の年金の知識をブラッシュアップできました。
●「社長の年金は特別である」ということを改めて実感しました。一人でも多くの社長の年金に関する誤解を解消していく活動をしていきます。
社長と密な関係をきづくのに役に立つと思いました。
社長が知らないというポイントが良くわかりました。
社長を集めてセミナーをしたいなと思いました。年金額が図であらわせるソフトをいただけて助かりました。「社長の年金は特別です」のキーワードを使っていきたいと思います。
社長の年金の基礎が良く理解できた。
年金の不得意意識が無くなった。
基金代行部分など知らない部分がかなりありました。
年金情報を提供して報酬を得られると思っていなかったが、報酬を得られ、また、経営者に対しての接近する切り口として活用したいと思います。
社長の年金について、セミナー等実施を考えていきたい。
●社長の年金は「特別」であるということが理解できた。
●社長・役員の気持ちに寄り添うということができる、素晴らしい。
社労士の仕事としても社会的な意義は高い。(正しい年金の啓蒙活動)
貴重セミナーありがとうございました。
●とても勉強になりました。
●報告書と計算方法のシートがわかりやすく説明もしやすくなっていて実践できそうです。
●税理士さんと協力し、事業承継に関するサービスができると感じました。
●プロっぽく、客観的に説明できるツールを頂き、ありがとうございました。
●専門用語を使わず、社長に伝える難しさを改めて実感しました。照会表の見方に、まだ不安があります。
●勉強会形式で「社長の年金は特別である」ことを啓蒙していきます。士業の相続グループでも、トップのポジションを取ります。
QAで社長役で質問をしてみて、今まであたりまえだと思っていたことがいかに一般の人にとってわかりずらいおかしい制度といってもいいことが多いと気づきました。
●年金コンサルをする上で、キーワードはコミュニケーションだとよくわかりました。
●最初は年金のことは不安でしたが、2日間で大きな自身につながりました。
QAを活用し、勉強会方式としたいと思いました。
QAで進めていくのは、やってみたいなと思いました。
QA方式の勉強会は盛り上がりそうだと思いました。若い人にも知って欲しい、知るべき内容かと思い、別途勉強会をやっていきたいと思います、ロープレもかなり役立ちそうです。ありがとうございました。
●伝え方の前提に対する素人意識を常に持つということを忘れずにやっていきたいと思います。
●社長の年金を入り口に、大きな拡がりの可能性を感じました。
●ソフトとシートを活用して実践したいと思います。
●見込額回答票の詳細な読み方、理解力を深めたい。
2つのソフトの使い方、事例を交えた講義で、年金の理解能力が深まった。QAについてのコメントが役に立ちそう。

 

●具体的な質問の内容への対応がわかり、とても参考になりました。
●わかりやすい説明でたいへんよくわかりました。
●経営者とのコミュニケーションツールとして、今まで想定していなかった内容であったが、実際にはニーズの高いテーマであることが実感できた。今後の見込客獲得にセミナーや勉強会開催を通じて実践していきたい。
●「社長の気持ちに寄り添う」という考え方は、年金に限らず応用可能な実践方法だと感じました。
●演習が多く、実践的だと感じました。
●社長から質問を受けた際の定型話法と説明する上での順番の重要性は非常に勉強になった。
●社長の年金コンサルタント講座を受講させて頂き、今後これをどのように活用して顧客開拓していくか今後の課題ですが、直観的にフロントエンド商品として十分使えるのではと考えています。
●社長の年金相談にあたり、「社長に寄り添う」ポイントを理解できました。ありがとうございました。
●社長とのコミュニケーションの会話術が理解できた。
●年金の知識も含めて、復習になった。
●相手の気持ちに立って、何を求めているかまで細かく分かるようになったと思います。他の人との違いをつけるべきだと思いました。
●まだ実務の知識は全然ありませんが、2日間のセミナーで実際の現場の求められるものを感じられました。勉強だけではわからない部分まで詳しく教わり、とても役に立つのではと思いました。
●何度もお話があったが、無料で得られる情報に料金を払う方がいるのか疑問に思っていたが、伝え方次第で、価値のある情報になることが理解できた。
●再受講でしたが、内容がリアルでしたので、あらためてセミナー(社長の年金)を実施したいと思いました。
●社長と直接話をするツールとして非常に役に立った。
●2日間ありがとうございました!このツールを使って営業セミナーをやっていきます。今後ともご指導よろしくお願いします!
●思ったよりも年金知識が必要であると感じました。
●基本的な疑問点の確認ができました。
●知らないこともあり、勉強になりました。
●今回アドバイザー講座しか日程が取れず、コンサルタント講座に出れなかったのが大変残念です。来年ぜひ出席したいと思います。

●資料作成から説明方法までの一連の流れが分かりやすかった
●今後の営業ツールとして役に立つと思う
●年金定期便等の通知書等の読み方、年金相談時の注意点、70歳以上の社長に対する注意点、社長の年金知識の程度・誤解点がよくわかり、今後の活動に参考にした。
●具体例が多く、わかりやすかった
●在職老齢年金を説明するにあたっての着眼点、年金事務所での回答票を頂く時の注意点等が役に立った。
●今日習得したノウハウを活かして顧客開拓につなげていきたい
●日頃より金融機関で年金相談していますが、法人向けにも年金相談を提案していけそうです
●ビジュアルで説明できるツールは極めて有用だと思います
●社長に寄り添えるようなツールが欲しいのでありがたいです
●次の情報が欲しいです
●継続して勉強していかなくてはダメだと思った。
●年金はたいへんよいアプローチツールだと思う。
●Q&Aの勉強はたいへんよかった。
●たいへん勉強になりました。ただ、すぐ、忘れてしまうので定期的に開催してもらいたい(補講として)
●早くセミナーを開催して中小企業の社長の方々に情報をお伝えしたいと思いました。
●レポートで年金の現状までは説明しているので、その先の話、解決策の提供ができるような情報をいただけたのでよかったです。
●年金を切り口に法人とのつながりが作れるのはこれまでになかったことなので、積極的に使っていきたいです。
●社長の年金を通じて、社長個人、企業経営の両面からクライアントさんへ入っていけるということを改めて感じました。
●相談者の立場で説明するというスタンスは忘れがちでした。
●実際の相談事例をまじえながらの講義で楽しく受講できた。是非今後に生かしていきたい。
●社長が不支給になることに不満・怒りを持っていることを改めて認識した。
●非常に参考になり、よくわかりました。
●社長の報酬の決め方や時期は簡単に決めることができないということがよくわかりました。
●事業承継(リタイアメントプラン)についてもからんでいけるようにしたいです。
●壮麗年金は収入にならないと言われていますが、社長の場合は収入につなげることができるということがわかりました。ありがとうございました。
●公的年金を経営者という個人のライフプランとして助言する立ち位置がユニークだと主kました。キャリアコンサルティングは必ずしも労働者のためではなく経営者にも有用だということ。有意義でした。またお誘いください。
●大阪まで来たかいがありました。セミナーの進め方や、社長の立場・考え方を理解することの大切さがわかります。
●役員の報酬、独特な決まりに関する知識がなかったので、学ぶことができてよかったです。社長の悩みに寄り添う姿勢が大事であることも学べてよかったです。
●受講して本当によかったです。
●××だけ走っても、○○についても考えないといけないと勉強になりました。
●奥野先生のようなオーラが欲しいです。
●新しい顧問先開拓のための導入として非常に役立ちました。顧客目線で紹介する、顧客の考えに共感を示すスキルは何事においても役に立つと感じます。
●実際にまずは勉強会の開催を検討したいと思います。社長さん達がどのような反応を示されるか楽しみです。
●年金見込額の照会が詳しくわかりました。
●年金は苦手意識があり、あまり触れないようにしていましたが、今回の講座で具体的な調査方法が分かって行動に移すことが出来そうです。
●社長の年金という切り口は使えると感じました。事業承継の見込先作りになる。
●年金は本当に難しいと思う半面、社長の年金という部分にしぼればかなりの武器になると思います。
●年金ビジネスはずっと避けてきました。これを機会に“社長の年金”に入ってゆきたいです。
●ビジネス化に向けてがんばります。
●年金は難しいが、少しわかったような気もしてきました。
●具体的な相談のすすめ方が良くわかりました。まずは知人の社長に説明していきます。
●まずは社長の年金セミナーで試してみたい。詳しい説明ありがとうございました。
●総合的なアドバイスができて、それなりのコンサルフィーをとれるようにしたい。
●本の内容と連動したわかりやすいパワポになっていると思います。
●セミナーの自己紹介部分の演習を通じてアドバイスを頂いたので、セミナー開催の際に生かしたいと思います。
●厚生年金部分を半分だけ受け取るという話は新鮮でした。
●繰り下げに関しての知識はほとんどなかった。特に社長の場合は本当に注意が必要だと再認識させられた。
●年金に関してまた注目が集まっているのでまた勉強会をしていきたい。コンサルを月1~2件をコンスタントに受注してい行きたい。
●年金を半分受給する案はやってみたいと思いました。
●本日の内容を多くの社長に伝えていきたいと強く感じる内容でした。ありがとうございました。
●自己紹介の組み立てが役に立った。

最近講師を務めた「社長の年金」セミナー

■内容:社長の年金セミナー(『現役社長・役員の年金』出版記念セミナー)
■日 時:2017年6月9日(金)14時~15時30分
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会


■内容:社長の年金セミナー(『現役社長・役員の年金』出版記念セミナー)
■日 時:2017年6月16日(金)14時~15時30分
■場所:東京
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

 

■内容:社長の年金セミナー(『現役社長・役員の年金』出版記念セミナー)
■日 時:2017年7月13日(木)14時~15時30分
■場所:東京
■対象者:FP
■主催:(一社)中小企業経営支援者協会

 

■内容:社長の年金セミナー(『現役社長・役員の年金』出版記念セミナー)
■日 時:2017年8月24日(木)15時~17時
■場所:大阪
■対象者:FP
■主催:(一社)中小企業経営支援者協会

 

■内容:社長の年金アドバイザー養成講座

■日 時:2017年9月16日(土)10時~17時
■場所:東京
■対象者:FP
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会
 

■内容:社長の年金コンサルタント養成講座
■日 時:2017年9月17日(日)10時~17時
■場所:東京
■対象者:FP
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

 

■内容:社長の年金アドバイザー養成講座

■日 時:2017年10月7日(土)10時~17時 
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会
 

■内容:社長の年金コンサルタント養成講座
■日 時:2017年10月8日(日)10時~17時 
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

 

■内容:社長の年金アドバイザー養成講座

■日 時:2017年10月21日(土)10時~17時 
■場所:東京
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会
 

■内容:社長の年金コンサルタント養成講座
■日 時:2017年10月22日(日)10時~17時
■場所:東京
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

 

■内容:社長の年金アドバイザー養成講座

■日 時:2017年12月9日(土)10時~17時 
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会
 

■内容:社長の年金コンサルタント養成講座
■日 時:2017年12月10日(日)10時~17時
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

 

■内容:社長の年金アドバイザー養成講座
■日 時:2017年12月16日(土)10時~17時 
■場所:東京
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

 

■内容:社長の年金コンサルタント養成講座
■日 時:2017年12月17日(日)10時~17時
■場所:東京
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

 

■内容:社長の年金アドバイザー養成講座
■日 時:2018年4月17日(火)10時~17時
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士、FP、税理士等
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会


■内容:社長の年金アドバイザー養成講座
■日 時:2018年4月20日(金)10時~17時
■場所:福岡
■対象者:社会保険労務士、FP、税理士等
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

■内容:社長の年金・退職金セミナー
■日 時:2018年5月23日(水)10時~12時
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士、FP等
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

■内容:社長の年金セミナー
■日 時:2018年5月23日(水)13時30分~15時30分
■場所:大阪
■対象者:中小企業オーナー経営者
■主催:FP奥野文夫事務所

■内容:社長の年金・退職金セミナー
■日 時:2018年5月25日(金)14時00分~16時00分
■場所:東京
■対象者:社会保険労務士、FP等
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

■内容:社長の年金コンサルタント養成講座
■日 時:2018年7月28日(土)10時00分~17時00分
■場所:東京
■対象者:社会保険労務士、FP等
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

■内容:社長の年金・事業承継セミナー
■日 時:2018年9月11日(土)13時00分~16時00分
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士、FP等
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会
 

■内容:社長の年金・事業承継セミナー
■日 時:2018年9月19日(土)13時00分~16時00分
■場所:東京
■対象者:社会保険労務士、FP等
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

 

■内容:社長の年金アドバイザー養成講座
■日 時:2018年9月29日(土)10時~17時
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

 

■内容:社長の年金コンサルタント養成講座
■日 時:2018年10月21日(日)10時~17時
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会


■内容:「社長の年金相談実務と諸問題」講演
■日 時:2018年11月28日(水)14時~16時30分
■場所:姫路商工会議所
■対象者:社会保険労務士
■主催:兵庫県社会保険労務士会姫路支部様

 

■内容:社長の年金アドバイザー養成講座
■日 時:2018年12月16日(日)10時~17時
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会


■内容:社長の年金アドバイザー養成講座
■日 時:2019年1月26日(土)10時~17時
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

■内容:社長の年金コンサルタント養成講座
■日 時:2019年2月17日(日)10時~17時
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

■内容:社長の年金アドバイザー養成講座
■日 時:2019年4月20日(土)10時~17時
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

■内容:社長の年金コンサルタント養成講座
■日 時:2019年6月23日(日)10時~17時
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

■内容:社長の年金コンサルタント養成講座
■日 時:2019年8月3日(土)10時~17時
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

■内容:事業承継と社長の年金
■日 時:2019年9月20日(金)16時半~17時半
■場所:東京
■対象者:税理士・FP
■主催:某社
 

■内容:社長の年金アドバイザー養成講座
■日 時:2020年2月29日(土)10時~17時
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

■内容:社長の年金コンサルタント養成講座
■日 時:2020年3月1日(日)10時~17時
■場所:大阪
■対象者:社会保険労務士
■主催:(一社)社長の年金コンサルタント協会

今後講師を務める予定の「社長の年金」セミナー・講座

●今後も定期的に、一般法人社長の年金コンサルタント協会主催の「社長の年金アドバイザー養成講座」で講師を務める予定です。(FPさん、税理士さん、社労士さん等中小企業の経営者から老齢年金に関する相談を受ける立場の方に最適な講座です。)

 

詳しくは「一般社団法人社長の年金コンサルタント協会」のホームページで案内いたします。
http://shachou-nenkin.org/

●それ以外の年金セミナーで一般参加が可能なものについては、随時このホームページでもご案内いたします。

 

経営者様からのお電話でのお申込みはこちら

お電話でのお申込みはこちら

077-578-8896

営業時間:9:00〜18:00 (定休日:土日祝日)
担当:奥野 文夫 (おくの ふみお)

現在大変多くコンサルティングのお申込みをいただいており、無料電話相談は行っておりません。
(奥野の留守中にお電話いただき、伝言いただきましても、こちらから折り返しお電話をすることはできません。)

所長の奥野です。

F-okuno01.jpg

社長さまのお悩みを、
年金・社会保険相談の専門家(FP・社労士)として開業20年超の私が、最後まで責任を持って解決いたします。

無料メール講座
(全国対応)

中小企業経営者様限定

60歳以上現役社長が働きながら年金を受け取るために必要な基礎知識(全13回)を無料で
ご覧いただます!

 

無料メール講座登録はこちら

(社労士、税理士、コンサルタント、FP等同業者の登録はご遠慮ください。)

社長の年金本 第4弾

社長の年金 よくある勘違いから学ぶ在職老齢年金

「社長の年金 よくある勘違いから学ぶ在職老齢年金」(奥野文夫著 日本法令 2020年2月刊)

社長の年金本 第3弾

[社長の裏技]年金をもらって会社にお金を残す

「「社長の裏技」年金をもらって会社にお金を残す」(奥野文夫著 ぱる出版 2019年5月刊)
9割の社長が知らないトクする在職老齢年金のもらい方

社長の年金本 第2弾

社長、あなたの年金、大損してますよ!

「社長の年金ゼロ問題」への現実的な対応策をわかりやすく解説した書籍「社長、あなたの年金、大損してますよ!」(奥野文夫著 WAVE出版 2018年9月刊)

社長のための年金本

現役社長・役員の年金

経営者向けに特化した初の年金解説書「現役社長・役員の年金」(奥野文夫著 経営書院刊)

60歳からの働き方と
年金 解説本

60歳からの働き方で、もらえる年金がこんなに変わる

「60歳からの働き方で、もらえる年金がこんなに変わる」(奥野文夫著 WAVE出版刊)

奥野への直接相談 無料で試してみる

奥野文夫のリアルタイム・無料コンサルティング

電話・FAXでのお申込みはこちら

FP奥野文夫事務所

〒520-0106
滋賀県大津市唐崎3-23-23
無料電話相談は行っておりません。

077-578-8896

077-578-8907

営業時間:9:00〜18:00
定休日:土曜、日曜、祝日