現役社長の老齢厚生年金受給・役員報酬最適化なら滋賀県大津市の労務財務の専門家・FP奥野文夫事務所にお任せください!

中小企業社長さまの老齢厚生年金・社会保険等に関するお悩みを解決します。


FP奥野文夫事務所

〒520-0106 滋賀県大津市唐崎3-23-23

営業時間

月〜金 9:00〜18:00
(定休日:土日祝日)

FAX

077-578-8907

無料電話相談は行っておりません。

「年金復活プラン」「役員報酬最適化」と月額変更時の保険者算定申立について

(2018年3月27日)

役員報酬最適化・年金復活プランに関する最近よくある質問

(よくある質問)
貴社のホームページを拝見し、「年金復活プラン」のコンサルティングをお願いしようと検討しておりました。


ところが、取引をしている保険代理店の方から、「年金復活プラン」は平成30年10月からは、効果がなくなることが決まったと聞きました。


「年金復活プラン」は平成30年10月からは効果がなくなるのでしょうか。



(回答)
そのような事実はありません。


年金・社会保険について、法改正や通達変更、新しい通達の発出等がある度に、内容をよく読まずに勝手に誤解する人がいて、そのような噂が広がることがよくありますので、ご注意ください。


平成30年10月からの変更とのことですので、その保険代理店さんはおそらく、


「健康保険法及び厚生年金保険法における標準報酬月額の定時決定及び 随時改定の取扱いについて」の一部改正について


という2018年3月1日付の通達を読んで、内容を誤解しておられるのだと思います。

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T180305T0010.pdf


業種や職種の特性上、特定の3か月が繁忙期に当たるため、当該期間中の残業手当等が、他の期間と比べて多く支給されることなどを理由として、例年季節的な報酬変動の起こることが想定される事業所で、一定の要件を満たす場合は、被保険者の同意を得て、年間報酬額の平均で標準報酬月額を決定してもらうよう申立てができる制度が10月から開始される、という内容です。


いわゆる保険者算定の申立ですね。


一定の要件とは、通常の方法で算定される標準報酬月額と、年間報酬額の平均で算定される標準報酬月額との間に2等級以上の差が見込まれる場合で、その2等級以上の差が業務の性質上例年発生することが見込まれる場合です。


同様の制度は現在でもあるのですが、現在は、年1回の報酬月額算定基礎届の提出時にしか申立てできません。


それが、平成30年10月以降は、算定基礎届提出時だけでなく、報酬月額変更届提出時にも、要件を満たせば、被保険者の同意を得て申立てできることとなります。


そのようなことが書いてあるだけですから、「年金復活プラン」とは関係がありません。


もともと、算定基礎届提出時における申立ても「年金復活プラン」とは関係がありませんから、それが月額変更届提出時にも申立てできるようになっても、やはり「年金復活プラン」とは関係がありません。




1月下旬にも、次のような質問が増えていることについてお伝えしました。



(質問)
平成27年〇月からは(平成29年〇月からは)「年金復活プラン」や「役員報酬最適化」を
導入しても効果がなくなったのでしょうか。


(回答)
そのような事実はありません。


これらも、
海外法人を悪用した違法な手法に関する取扱いや、一部コンサルティング会社等が提供していた情報に関する取扱いを記載した通達を読んで誤解した保険代理店さん、FPさん、税理士さん、社労士さんやそれらの方の話を聞いた経営者様からの質問が増えていたので、メルマガで取り扱ったものでした。


どれも、通達を読んでいただけば、「年金復活プラン」とは関係がないことがすぐにわかります。



なぜ、毎回このような噂が広がるのか、正直理解ができないのですが、十分内容を確認しないまま情報発信されていることがあるようですから、ご注意下さい。



その他、現在であれば、新聞等で、70歳以降への繰下げ選択制度の検討も今後行われることとなった、との報道がなされているのを誤解して、年金は75歳までもらえないことになったので厚生年金には加入するつもりはありません、という声を聞くことも多いです。


これも情報をそのまま読めば、誤解することはない筈なのですが、なぜか誤解されている方もおられます。


 

トップ下左ボタン

年金復活プラン

10年以上年金をもらい損ねた、と嘆きながら勇退される経営者も

最近次のような連絡をいただくことが増えています。
(個人が特定できないよう、内容を一般化しています。)



「70代の代表取締役です。
今月末で、代表取締役を退任し勇退します。
今まで10年以上年金支給停止となっていました。
老齢基礎年金はいただいてきましたが、老齢厚生年金はずっと支給停止でした。


総額で1,500万円程度停止されていたようです。
顧問税理士からは一度も助言はありませんでした。」


年齢や支給停止となっていた期間、支給停止となった年金額総額は人によって様々ですが、退任間近になって私どもの発信している情報を見つけていただき、過去に支給停止となっていた年金はもうもらう方法はないと初めて知って残念に感じておられることがうかがえます。


(その後の質問内容としては、
・今後個人事業主として働いたら年金はどうなりますか?
とか、
・今後知人の会社で働いたら年金はどうなりますか?
・今後も講演料や執筆料を受けることがありますが、それらは年金受給額に影響しますか?
といったものが多いです。)



ご自分の老齢年金について、なるべく早く、できればA4版の封筒でねんきん定期便が届く59歳時頃までに、情報収集を開始される経営者様が増えれば、と思っているところです。

 

 

トップ下左ボタン

年金復活プラン

「年金復活プラン」「役員報酬最適化」と役員退職金の損金算入について

大手の税理士法人向けに情報提供をされている某コンサルティング会社さんが月1回発行されている会報の中で、書籍「現役社長・役員の年金」の書評が掲載されたようです。

 

 

325日号で紹介しますとのお話をいただいておりましたので、もう掲載されているのだと思います。

 

 

私(奥野)も掲載された記事はまだ見ておらず、また、有料会員さん向けの会報誌とのことですので、ホームページ上等で紹介することもできないのですが、税理士さんからの顧問先企業社長の年金に関する相談は、どんどん増えています。

 

 

そんな中、税理士さん向けコンサルティグを行っておられる企業様からみても、社長の年金に関する情報は価値があると思っていただいているのかもしれません。

  

トップ下左ボタン

年金復活プラン

経営者様からのお電話でのお申込みはこちら

お電話でのお申込みはこちら

077-578-8896

営業時間:9:00〜18:00 (定休日:土日祝日)
担当:奥野 文夫 (おくの ふみお)

現在大変多くコンサルティングのお申込みをいただいており、無料電話相談は行っておりません。
(奥野の留守中にお電話いただき、伝言いただきましても、こちらから折り返しお電話をすることはできません。)

奥野への直接相談 無料で試してみる

所長の奥野です。

F-okuno01.jpg

社長さまのお悩みを、
年金・社会保険相談の専門家(FP・社労士)として開業20年超の私が、最後まで責任を持って解決いたします。

無料メール講座
(全国対応)

中小企業経営者様限定

60歳以上現役社長が働きながら年金を受け取るために必要な基礎知識(全13回)を無料で
ご覧いただます!

 

無料メール講座登録はこちら

(社労士、税理士、コンサルタント、FP等同業者の登録はご遠慮ください。)

社長の年金本 第4弾

社長の年金 よくある勘違いから学ぶ在職老齢年金

「社長の年金 よくある勘違いから学ぶ在職老齢年金」(奥野文夫著 日本法令 2020年2月刊)

社長の年金本 第3弾

[社長の裏技]年金をもらって会社にお金を残す

「「社長の裏技」年金をもらって会社にお金を残す」(奥野文夫著 ぱる出版 2019年5月刊)
9割の社長が知らないトクする在職老齢年金のもらい方

社長の年金本 第2弾

社長、あなたの年金、大損してますよ!

「社長の年金ゼロ問題」への現実的な対応策をわかりやすく解説した書籍「社長、あなたの年金、大損してますよ!」(奥野文夫著 WAVE出版 2018年9月刊)

社長のための年金本

現役社長・役員の年金

経営者向けに特化した初の年金解説書「現役社長・役員の年金」(奥野文夫著 経営書院刊)

60歳からの働き方と
年金 解説本

60歳からの働き方で、もらえる年金がこんなに変わる

「60歳からの働き方で、もらえる年金がこんなに変わる」(奥野文夫著 WAVE出版刊)

奥野文夫のリアルタイム・無料コンサルティング

電話・FAXでのお申込みはこちら

FP奥野文夫事務所

〒520-0106
滋賀県大津市唐崎3-23-23
無料電話相談は行っておりません。

077-578-8896

077-578-8907

営業時間:9:00〜18:00
定休日:土曜、日曜、祝日