現役社長の老齢厚生年金受給・役員報酬最適化なら滋賀県大津市の労務財務の専門家・FP奥野文夫事務所にお任せください!

中小企業社長さまの老齢厚生年金・社会保険等に関するお悩みを解決します。


FP奥野文夫事務所

〒520-0106 滋賀県大津市唐崎3-23-23

営業時間

月〜金 9:00〜18:00
(定休日:土日祝日)

FAX

077-578-8907

無料電話相談は行っておりません。

報酬額を下げて年金をもらうと、将来もらう年金額が減りますか?との質問への回答

(2018年8月28日)

60歳前後の経営者から、このような質問を受けることが結構あります。


65歳までの特別支給の老齢厚生年金を一部でももらうために報酬額を下げようと考えたものの、報酬額を下げてしまうと、65歳からの老齢厚生年金の年金額が減ってしまうのではないでしょうか、との質問です。


年金をもらう年齢になってから働いたら、将来年金が減るような、そんな制度になっているのでしょうか、という質問ですね。


例えば、報酬月額60万円、特別支給の老齢厚生年金の年金額が120万円の代表取締役の場合。


現在の報酬月額のままでは特別支給の老齢厚生年金は全額支給停止です。


この社長が「年金復活プラン」を採用すれば、年収は現在の600万円のままでも、報酬の支払い方を変えることで、年間最大約100万円の年金をもらえるようになります。


しかし、ほとんどの社長はそのような選択肢があることを知らないため、報酬月額を引き下げて年金をもらうことを考えます。


例えば、「報酬月額を現在の60万円から半額の30万円に下げて、120万円の年金のうち年額48万円だけをもらおう」等ですね。


ここで、65歳からの老齢厚生年金(報酬比例部分)の年金額の計算式を調べてみると、次のような記載があります。


●老齢厚生年金(報酬比例部分)の年金額=
平均標準報酬月額×一定率×平成15年3月までの厚生年金保険の被保険者期間
+
平均標準報酬額×一定率×平成15年4月からの厚生年金保険の被保険者期間


年金をもらえる年齢になってからも厚生年金被保険者として働き続けることによって、被保険者期間が長くなりますから、65歳からの年金が増える方向につながることが、この計算式からわかると思います。


ところが、年金をもらえる年齢になってから報酬額を下げて働くと、年金が減るのではないでしょうか、との質問が多いです。


このような質問をする多くの人は、上記の計算式中の「平均標準報酬額」を、年金がもらえるようになってからの被保険者期間の平均標準報酬月額だと誤解されているようです。


ですから、報酬月額60万円を報酬月額30万円に下げると、下げない場合に比べて、65歳からの老齢厚生年金(報酬比例部分)が半分に減ってしまうのではないか、と誤解しているわけですね。


これは全くの誤解です。


上記計算式中の「平均標準報酬額」とは、平成15年4月以後の被保険者期間の各月の標準報酬月額と標準賞与額の総額を、平成15年4月以後の被保険者期間の月数で割った額です。


同様に、「平均標準報酬月額」とは、平成15年3月までの被保険者期間の各月の標準報酬月額の総額を、平成15年3月までの被保険者期間の月数で割った額です。


(平成15年4月から、賞与も一定の範囲で年金額に反映することとなりました。)


実際の平均標準報酬額や平均標準報酬月額の算出にあたっては、過去の標準報酬月額と標準賞与額には、最近の賃金水準や物価水準で再評価するために「再評価率」を掛けて計算されます。


少し、複雑ですが、ざっくりいえば、「平均標準報酬額」は平成15年4月以降の標準報酬月額・標準賞与額の平均です。


特別支給の老齢厚生年金をもらえる年齢になってからの被保険者期間における標準報酬月額・標準賞与額の平均ではありません。


既に平成15年4月以降15年以上高額報酬で厚生年金に加入した62歳男性社長が、今後例えば65歳までの3年間だけ報酬月額を半額に下げたとしても、平成15年4月以降の平均標準報酬額は、半額にはなりません。

70歳までの8年間報酬月額を半額に下げたとしても同様です。


今後報酬月額を下げて働くことによって平均標準報酬額がどれだけ下がるや額面の年金額がいくらになるかは、年金事務所の年金相談で、今後の報酬設定およびいつまで厚生年金保険に加入して働くかを伝えて試算してもらえばわかります。
(平成15年4月以降の各月の標準報酬月額、標準賞与額がわかれば、各期間の「再評価率」の一覧表を参照して平均標準報酬額を計算することは不可能ではないですが、実際の計算は結構複雑ですので、一般の経営者の方が手計算して標準報酬額を算出するのは面倒だと思います。)


年金計算式の内容を誤解したまま、独自の解釈をしていると、判断を誤ってしまう危険があります。


計算式の意味がわからなくても、年金事務所の年金相談で、今後どのような報酬設定でいつまで働くつもりかをきちんと伝えさえすれば、判断に必要な試算結果を出してもらえます。

 

トップ下左ボタン

年金復活プラン

平成30年(2018年)9月以降の厚生年金保険料も1,000分の183.00で変わらず

平成29年9月以降の厚生年金保険料率は1,000分の183.00で固定されていますので、民間企業の厚生年金保険料は、平成30年9月以降も変わらず1,000分の183.00のままです。


厚生年金保険料率は1,000分の183.00に固定し、その財源の範囲内で給付水準を調整する、という「保険料水準固定方式」という仕組みが現行の厚生年金保険では採用されています。


昨年までは、毎年9月分の厚生年金保険料から料率がアップすることが平成17年から続いていました。(その前の平成16年は10月分からの料率アップでした。)


今後法改正がなければ、標準報酬月額が変わらない限り、毎月の厚生年金保険料は変わらないこととなりますので、厚生年金保険料の控除誤りは減っていくことでしょう。

 

 

トップ下左ボタン

年金復活プラン

経営者様限定 社長の年金セミナー(大阪)次回開催日のご案内

不定期で開催しております、経営者様向け「社長の年金セミナー」を9月・10月に大阪で開催いたします。


前回は、本年5月に大阪で開催しました。
11月以降の開催日は未定です。


このメルマガをご覧の代表取締役様等法人の代表者様、または代表者様の配偶者・ご親族である役員様であれば、下記ページをご覧の上、お申込みいただけます。


各回とも、少人数制で開催しますので、年金復活プランやご自身の老齢年金受給について、ご不明点等を会場で奥野に直接ご質問・ご相談いただくこともできます。


年金復活プランのコンサルティングを検討されている場合は、必要に応じご利用ください。


社長の年金セミナーの概要やお申込み要領はこちらをご覧ください。

 

トップ下左ボタン

年金復活プラン

経営者様からのお電話でのお申込みはこちら

お電話でのお申込みはこちら

077-578-8896

営業時間:9:00〜18:00 (定休日:土日祝日)
担当:奥野 文夫 (おくの ふみお)

現在大変多くコンサルティングのお申込みをいただいており、無料電話相談は行っておりません。
(奥野の留守中にお電話いただき、伝言いただきましても、こちらから折り返しお電話をすることはできません。)

奥野への直接相談 無料で試してみる

所長の奥野です。

F-okuno01.jpg

社長さまのお悩みを、
年金・社会保険相談の専門家(FP・社労士)として開業20年超の私が、最後まで責任を持って解決いたします。

無料メール講座
(全国対応)

中小企業経営者様限定

60歳以上現役社長が働きながら年金を受け取るために必要な基礎知識(全13回)を無料で
ご覧いただます!

 

無料メール講座登録はこちら

(社労士、税理士、コンサルタント、FP等同業者の登録はご遠慮ください。)

社長の年金本 第4弾

社長の年金 よくある勘違いから学ぶ在職老齢年金

「社長の年金 よくある勘違いから学ぶ在職老齢年金」(奥野文夫著 日本法令 2020年2月刊)

社長の年金本 第3弾

[社長の裏技]年金をもらって会社にお金を残す

「「社長の裏技」年金をもらって会社にお金を残す」(奥野文夫著 ぱる出版 2019年5月刊)
9割の社長が知らないトクする在職老齢年金のもらい方

社長の年金本 第2弾

社長、あなたの年金、大損してますよ!

「社長の年金ゼロ問題」への現実的な対応策をわかりやすく解説した書籍「社長、あなたの年金、大損してますよ!」(奥野文夫著 WAVE出版 2018年9月刊)

社長のための年金本

現役社長・役員の年金

経営者向けに特化した初の年金解説書「現役社長・役員の年金」(奥野文夫著 経営書院刊)

60歳からの働き方と
年金 解説本

60歳からの働き方で、もらえる年金がこんなに変わる

「60歳からの働き方で、もらえる年金がこんなに変わる」(奥野文夫著 WAVE出版刊)

奥野文夫のリアルタイム・無料コンサルティング

電話・FAXでのお申込みはこちら

FP奥野文夫事務所

〒520-0106
滋賀県大津市唐崎3-23-23
無料電話相談は行っておりません。

077-578-8896

077-578-8907

営業時間:9:00〜18:00
定休日:土曜、日曜、祝日