60歳以上現役社長の老齢厚生年金受給・役員報酬最適化なら滋賀県大津市の労務財務の専門家・FP奥野文夫事務所にお任せください!

中小企業社長さまの老齢厚生年金・社会保険等に関するお悩みを解決します。


FP奥野文夫事務所

〒520-0106 滋賀県大津市唐崎3-23-23

営業時間

月〜金 9:00〜18:00
(定休日:土日祝日)

FAX

077-578-8907

無料電話相談は行っておりません。

役員退職金支給によるメリットとリスク

役員退職金を支給することによる会社および受給者本人のメリットとは

(2020年10月7日)
役員退職金を支給することによる会社にとってのメリット、受給者本人にとってのメリットは何でしょうか。


この点については、書籍「[社長の裏技]年金をもらって会社にお金を残す」でも解説していますので、ポイントのみ次にまとめておきます。


(1)会社にとってのメリット
役員退職金は、法人税法上原則として損金算入が認められるため、法人税等の節税につながります。自社株の評価減にもつながります。


(2)本人にとってのメリット
役員退職金として受けると、給与所得(や雑所得・一時所得)として受ける場合と比べて、所得税等が少なくなります。
したがって、退職後の生活費などの準備に充てられる金額が大きくなります。

節税可能な理由は、次の通りです。

ア)退職所得控除額が大きい
  ・勤続年数が20年以下の場合:40万円×勤続年数
  ・勤続年数が20年超の場合:800万円+70万円×(勤続年数-20万円)

   (注)勤続年数の1年未満は切り上げ

イ)役員勤続年数が5年超の場合、「退職金の額-退職所得控除額」×2分の1が退職所得の金額となる


ウ)他の所得と分離して課税される


なお、退職後(厚生年金保険被保険者資格喪失後)に受け取るものであるため、健康保険法・厚生年金保険法の報酬・賞与に該当しません。


したがって、社会保険料(会社負担分および本人負担分)はかかりませんし、在職老齢年金制度による年金支給停止にも影響しません。


 

役員退職金について中小企業オーナー社長が知っておくべき3つのリスクとは

役員退職金について中小企業オーナー社長が知っておくべき主なリスクは次の3つです。


(1)過大退職金の問題
(2)死亡退職金と弔慰金の問題
(3)分掌変更時の退職金の問題


これらは、それぞれ、とても重要です。


年金復活プラン役員報酬最適化と役員退職金・弔慰金について相談を受ける際に、経営者の方が混乱されていると感じることが多いのも、これら3つに関することです。


これら3つについて、何が問題となるのかを正確におさえていれば、自社の場合はどうすべきかを落ち着いて考えることができるようになります。


今後、一つずつポイントを解説していきたいと思います。

 

経営者様からのお電話でのお申込みはこちら

お電話でのお申込みはこちら

077-578-8896

営業時間:9:00〜18:00 (定休日:土日祝日)
担当:奥野 文夫 (おくの ふみお)

現在大変多くコンサルティングのお申込みをいただいており、無料電話相談は行っておりません。
(奥野の留守中にお電話いただき、伝言いただきましても、こちらから折り返しお電話をすることはできません。)

所長の奥野です。

F-okuno01.jpg

社長さまのお悩みを、
年金・社会保険相談の専門家(FP・社労士)として開業22年超の私が、最後まで責任を持って解決いたします。

無料メール講座
(全国対応)

中小企業経営者様限定

60歳以上現役社長が働きながら年金を受け取るために必要な基礎知識(全13回)を無料で
ご覧いただます!

 

無料メール講座登録はこちら

(社労士、税理士、コンサルタント、FP等同業者の登録はご遠慮ください。)

奥野への直接相談 無料で試してみる

奥野文夫のリアルタイム・無料コンサルティング